これから不動産投資を始めてみようと考えている方のために、不動産投資に関する情報を集めてみました

不動産投資を始めてみませんか?
不動産投資を始めてみませんか? TOP

不動産投資を始めてみませんか? TOP

マンションなどの不動産の物件を購入し、購入した物件を他人に賃貸したり、売却することによって収益を得ることです。

不動産投資(現物不動産投資)による利益の上げ方には大きく分けて次の2種類があります。
まず1つ目は、マンションやアパート、ビルなどの投資した不動産を人に貸して、定期的に賃料収入を得るという方法です。こうして得た利益をインカムゲインといい、株式投資でいうところの配当にあたります。
2つ目は、不動産を購入した金額以上でその不動産を売り、価格の差で利益を得る方法です。この売買で得た利益をキャピタルゲインといいます。

現在の状況では、キャピタルゲインはほとんど期待できないといわれています。
しかし、最終的に利益を確定するときには必ず、インカムゲインとキャピタルゲインの関係性によって決まります。


3種類の不動産投資

不動産投資には、大きく分けて3つの種類があります。

まず第1に、現物不動産投資。
これは、いわゆる「大家さん」になることを指します。マンション・一戸建て・土地などの「不動産」を手にいれて、家賃・テナント料・地代収入・敷金・礼金などの「収入」を得る方法のことです。

この投資方法には、自己資金で不動産を購入する方法と、既に所有している土地に建物を立てたり、土地を貸すことで地代収入を得る方法の2種類があります。

第2に、小口化不動産投資があります。
これは不動産会社などが個人の投資家から資金を集めて不動産を購入し、その不動産会社が不動産の管理を行って収益を出資した投資家に分配するという形です。個人では投資が難しい、億単位となるような高額な物件への投資も可能となる仕組みです。最近では、極めて小額から出資することができるようです。

第3には、証券化不動産投資があります。
小口化不動産投資とほとんど違いはありません。が、異なる点は証券というところです。不動産投資というよりは株式投資に近い方法です。一般的にREIT(不動産信託)と呼ばれ、不動産等を担保にした証券等を発行することによって、少額で投資する事が可能となります。現行不動産投資、小口化不動産投資と比べると流動性(換金性)が高いという特徴があります。


不動産投資のメリット・デメリット

近年ではサラリーマン大家といわれる素人大家さんが増えてきました。
では、不動産投資にはどんなメリットがあるのでしょう。

まず、現金収入が見込めるということが挙げられます。
安定した利回りで利益が期待でき、不労所得を長期に渡って得られる可能性がある、ということです。

つぎに、ローンを完済してしまえば、それ以降は家賃収入から必要経費を差し引いた分が手取収入となります。私的に年金を準備するための方法、老後資金をつくる方法として、大変有効です。

また、不動産投資を行うことによって所得税、住民税、相続税が節税できます。

そして最後に、インフレ対策です。
物価が上昇した時には購入した物件の資産価値や家賃収入も上昇すると予想されるので、不動産投資は インフレ対策になるといえるのです。

では、デメリットという面ではどうでしょうか。
まず、物件の賃貸人が減り空室が多くできると家賃収入が減ります。賃料滞納者が発生しても、同様のことが起こります。

そして、建物の維持管理費です。建物の老朽化に伴い、修繕費や補修費が必要となります。

また、一般の金融商品と比べると流動性が低く、すぐに現金化できないという、難点があります。

そしてコストがかかること。不動産を購入するには、多額の資金が必要になります。株などは、1万円のような小額投資もできまますが、ローンを組んだとしても、不動産投資の投資額は大きいのです。
ただ、最近では小口化不動産投資、証券化不動産投資のように、比較的小額から投資できる仕組みもありますし、近年では不動産等の人気が高まったこともあって、不動産の購入から物件の維持・運営に至るまですべてをサポートする、といったサービスを提供する不動産会社が出てきました。

こうしたサービスを利用することにより、素人にも不動産投資のハードルが低くなってきたようです。
 


トップへ